素材情報

HOME > 素材情報 > サンバーナー®

天然素材を超える暖かさ SUNBURNER サンバーナー®

特 長

独自技術によってアクリルを改質し、高い吸湿発熱機能を実現した「アクリレート系繊維(指定外繊維)」です。発熱量はウールの約3倍に達し、いわゆる「発熱繊維」の中でも最高クラスの性能を有します。
ほかにもアンモニアなどに対する消臭機能、さらっとした着心地を実現する吸水性など、多くの高機能を持つ快適素材です。

用途・実績

当社の混紡技術により、さまざまな素材と複合させて用途を拡大中です。ポリエステルとの混合綿では、寝装品やジャケットなどの中綿用途でご提供。さらに冬物インナーや靴下用途への製品OEMも積極提案しています。

詳細情報

吸湿発熱

繊維は人体などから発生する湿気(水分)を吸収することで「吸着熱」と呼ばれる熱を発生しますが、「サンバーナー®」は繊維の改質によって多くの親水基を持たせ吸湿能力を大幅に向上させており、ウールの約3倍の吸着熱を発生させます。
各種試験で得られたデータがすぐれた吸湿能力と発熱量の大きさを裏づけています。

試験方法:標準状態(室温20℃・湿度65%)の環境下で、乾燥したサンプル(靴下)を着用し、表面温度を観察しました。

各湿度における吸湿率(20℃)

各湿度における吸湿率(20℃)

吸湿時の発熱量

吸湿時の発熱量

C80熱量計による水分吸着熱測定(温度25℃・湿度80.5%)

消臭効果

「サンバーナー®」は酢酸やアンモニアなどに対する消臭効果を兼ね備えています。コットンと比較してもスピーディーに効果を発揮することがわかります。

酢酸消臭性能

酢酸消臭性能

アパレル製品等品質性能対策協議会法準拠 室内20℃・湿度65%

アンモニア消臭性能

アンモニア消臭性能

アパレル製品等品質性能対策協議会法準拠 室内20℃・湿度65%

吸水性

「サンバーナー®」はコットンよりも優れた吸水性を持っています。汗などをすばやく吸収し、べとつかず、サラッとした着心地を実現します。

飽和吸水率曲線(ラローズ法)

飽和吸水率曲線(ラローズ法)

JIS-L-1907

制電性

「サンバーナー®」は一般アクリルに比べて、優れた制電性を発揮します。冬場に起こる静電気の発生を防ぎ、衣類にもまとわりつかず、あの不快なパチパチもありません。

制電性能

制電性能

摩擦電圧:ロータリースタチックメーター・室内20℃・湿度65%
JIS-L-1904 B法

ph緩衝性

「サンバーナー®」は原綿自体にph緩衝性があります。酸性やアルカリ性になった場合に中性に戻す作用があり、バランスを保ちます。

難燃性

「サンバーナー®」は原綿自体に難燃性があります。限界酸素指数(LOI)が35~36と非常に高い超高難燃タイプです。この特性を活かしてさまざまな用途への展開が可能です。

※原綿100% 測定方法:JIS K 7201

安全性

「サンバーナー®」は原綿100%での皮膚貼付試験(パッチテスト)で、安全性を確認しています。

このページの先頭へ